scrap-it-to


しまむらボーダーTシャツコーデ6選|繰り返し着たくなる気心地の服【2018夏】

2018.09.16 12:26

しまむらボーダーTコーデ2018

今年の夏は猛暑で大変でしたね。9月になってホッとできる気候になりました。

もうそろそろ衣替えも気になる時期なので、夏コーデの総括です。

洋服を買う時はじっくりと考えて買っているつもりですが、よく着る服もあれば、出番の少ない服も出てきてしまうものです。

今年はしまむらで買ったボーダーTシャツが大活躍でした。イロチ買いするほどお気に入り。そんなボーダーTシャツのコーデをまとめみました。

スポンサーリンク



クロッシーWITH美のボーダーTシャツ

この夏はCLOSSHI(クロッシー)のボーダーTシャツ(プルオーバー)をよく着ました。レジにて割引セールの時を狙ってイロチ買いしています。

WITH美シリーズで、レーヨン混のテロンとしたよく伸びる素材です。

WITH美ボーダーTイロチ買い

ゆったりしたデザインで風通しもよく、真夏でもストレスなく着られたので自然と出番多めになりました。

1. この夏の出番NO.1コーデは?

しまむらボーダーTシャツコーデ1番

バッグと靴は白のカジュアルセット。

 白のバックと靴をカジュアル系とキレイめ系で分類しました【小物のセット化】

本当に楽ちんで涼しいコーデなので出番多めでした。ゆるっとしたコーデなのにネイビーの色効果でだらしなくならない点が安心でした。

ボトムスはロコンドで買ったAZULのアウトレット。接触冷感の夏素材なので汗ばんでも快適です。

2. スキニーデニムでカジュアルコーデ

ふだん使いにたくさん着たいと思っているので、デニムと合わせてみました。

ボーダーTシャツコーデ

ボーダーTシャツにデニムだとカジュアルすぎるので、靴はパンプスを合わせました。バッグは夏になると使いたくなるイエローです。

パンプスは幅広足の私でも大丈夫。ローヒールタイプです。

3.デニムスカートでキレイめカジュアルコーデ

ボーダーの黒とベージュに合わせてバッグと靴を選びました。

バッグと靴の色を揃えたい派なのですが、最近はあまりこだわらずに全体的にまとまっていればOKとしています。

スポンサーリンク



4. 黒のアンクルパンツでキレイめコーデ

ボーダー柄Tシャツきれいめコーデ

夏は黒を使うと強すぎる感じがするのでネイビーばかりの私。でも、このコーデは黒ならではだと思います。

着心地重視のTシャツですが、ちょっとしたお出掛けコーデにできました。

5. ワイドパンツでカジュアルコーデ

しまむらサンダルコーデ

ボトムス:素肌涼やかデニムのワイドパンツ 2030(しまむら・CLOSSHI)
バッグ:ロゴ入りトート 980(しまむら)
靴:シルバーのサンダル 700(しまむら)

猛暑のこの夏の定番スタイルです。フルレングスのワンドパンツに合わせてみました。私は背が低いのでヒールがあったほうがワイドパンツをバランスよく履けます。

素肌涼やかデニム&パンツはこのワイドパンツとスキニータイプの2本を持っています。ワイドパンツのほうがお気に入り!

太い脚もしっかりと隠せるし、肌への密着度が少ないので涼しくて快適。

サンダルに合わせてシルバーのバッグに合わせても素敵。今回は生成りののロゴ入りトートバッグに合わせてカジュアルにまとめました。

6. オフ白のテーパードパンツコーデ

ネイビーと白プチプラコーデ

トップス:白×ネイビーTシャツ 580円(しまむら・CLOSSHI)
ボトムス:オフホワイトのテーパードパンツ 800円(ロコンド)
バッグ:ネイビーのバーキン風バッグ 1900円(しまむら)
靴:ネイビーのローファー 2150円(ロコンド・HARUTA)

合計 5430円

★ アイテム名は詳しい商品説明へリンクしています。

オフホワイトのパンツと合わせた夏っぽいコーデに。

バッグと靴はネイビーで揃えました。ボトムスが白なので濃い色のバッグも重たくみえません。

オフ白のテーパードパンツは見ためは涼しそうに見えますが、真夏には暑い素材です。真夏と真冬以外は大丈夫な素材感なので、秋冬にも活躍させたいと思っています。

ロコンドは返品・交換しやすい通販サイトなので田舎住まいの強い味方です。公式サイトはクーポンが出た時を狙って買っています。

 ロコンド公式サイト

楽天市場にもあります。

 LOCOMALL(ロコンド公式ストア)

さいごに

着心地がいいと毎日のように着たくなりますね。

40代になってからボーダー柄が苦手に思っていたのですが、太ボーダーなら大人っぽく着られることが分かりました。

プチプラ服をちょこちょこと買ってしまう私ですが、少数精鋭のクローゼットを目指して、繰り返し着たくなる服を選んでいきたいと思います。

スポンサーリンク




コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する